こんにちは!
転職エージェント活用術の転職アドバイザー、佐藤さとみです。

あなたは今どんな業界にいますか?
建設業?金融業?飲食?サービス?医療?福祉??

どんな業界に居るかは分からないけど、年収アップをするためには、業界の選び方が凄く重要です!

稼ぐ仕組みの違いが年収に差がでる

稼ぐ仕組みって何?と思う方もいると思うけど、よくビジネスでいわれる、ビジネスモデルってやつよ。
ビジネスモデルっていろんな種類があるんだけど、いくつか代表的なものを紹介するわ。

一般的にいわれるビジネスモデルの方に、「フロー型」、「ストック型」と代表的なものがあるからまずはこの2つを理解しておいて。

フロー型は、主に、売り切りの商品で毎回毎回頑張らないといけない商売ね。
あなたが営業マンで、携帯電話の販売代理店をしているとしよう。
携帯電話を仕入れて、代理で1台売ったら、5,000円マージンがはいる。
けれども、来月になったらまたゼロからのスタート。
毎月毎月販売をし続けなければいけない。

これが、フロー型のビジネス。

ぎゃくに、あなたが携帯キャリアだとする。
1台売れたら、毎月8,000円の売上をユーザーさんがあげてくれる。
10台それえば、80,000円、100台で800,000円と徐々に増えていく。
これが、ストック型のビジネスモデルね。

どちらが収益として安定しているかは、見てわかると思うの。
基本的には、フロー型よりもストック型の方が収益が安定していて、儲かることが多いの。
とくに、長く実績が伴えば伴うほど

あとは、「ハコ型ビジネス」についても解説しておくわ。
このハコ型は、
ある程度はキャパシティによって、売上が決まってしまう業界ね。

例えば、あなたが飲食業を始めてお店をもとうと考える。
当然、物理的に席数が決まっていて、その座席数以上に売上があげられないのはわかるよね?

それ以上に、このビジネスを苦しめるのが、「固定費」の存在よ。
売上が決まっているのに、閑散期でも一定の運営コストが発生しまうから、利益率が高まりずらいの。

製造業は、そこを機械化で効率化したりすることができるけど、このような箱モノビジネスに関しては正直難しいね。

新しい業界には伸びしろがある

IMG_6673
年収アップは、儲かる業界、成長業界に行くことが重要!

でも、もっとチャンスがあるのが、新しい業界ね。
これまでも、インターネットが出てきて、大きくプレイヤーが変わったり、スマホが一気に広まって、アプリ会社がぐ〜っと伸びたのも記憶にあると思うけど、そういう業界をいち早く考えて、準備をすることが結構重要ね。

これからは、Iotや自動運転関連でいうと、TPP関連、消費税増税、東京オリンピック、iPS細胞関係は、激アツの分野よ!

あとは、転職エージェントって、バックマージンとして約3割も人材紹介会社に払う仕組みなの。

なぜ転職エージェントが無料で成り立つのか・・・知ってる?

こんなにも、お金を出せるところって、実際には限られていて、運輸業、飲食業、サービス業なんかは本当に大手企業の幹部クラスとかしか求人がないくらいそこにお金をかけられないの。
採用費用という概念もないところが多いからね。

だからこそ、ちゃんとちゃんと業界を選ぶことが大切なの!!

とにかく早く行動することが大切

まずは、全体で、どんな業界があるのかを知ること。
もちろん、新卒ではないからあなたのスキルが生きるところに行くべきなんだけど、全体を知っておくことが凄く大切なの。

会社四季報 業界地図 2016年版
東洋経済新報社
売り上げランキング: 352

こういう業界地図を勝手研究するといいかもしれないわ。

あとは、転職サイトへの登録をして、どんな業界のどんな求人があるかをちゃんと見てみることが大切ね。

まずは、求人情報をみたいということであれば、転職サイト最大級のリクナビNEXTに登録をすることをオススメするわ。

いろいろと求人を研究したあとは、転職エージェントへの登録ね。
悩んでいるときは、複数登録をしてみるのもいいと思うわ。

下に、私がオススメのしている転職エージェントを紹介しているから参考にしてみてね。
いくつか登録をすると大変だけど、登録をしないとわからないこともあるから、迷ったら2〜3個は登録をしておいた方が良いと思うわ!

まずは、儲かる業界、これから伸びるを目指す!
これだけは、しっかり頭に叩き込んで、転職活動をしてね!!