こんにちは!転職エージェントの佐藤さとみです!

突然ですが、あなたは今、転職を考えていますか???
それはなぜですか?

わかりました!!

上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかったんでしょう??

それとも、労働時間・環境が不満だったの??

それともそれとも、同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった???

どうですか?
結構あたってるでしょ??

それはね、実は、転職の退職理由って、こんなデータがあるんですよ。
御覧ください!

taishoku-honne

リクナビネクスト 退職理由のホンネランキングベスト10(出典)

なんと、この3つの理由で、転職理由の半分も占めているんです!!

でもね、このランキングを客観的にみてどう思います?
もし、あなたが採用担当だったらこんな後ろ向きな人を採用したいですか?

だって、中途採用は基本的に、即戦力が欲しいんです!

なのに、現状に不満ばかり抱えていて、いやいや星人を部下にしたいですか?

いやですよね〜。
少なくとも、私は嫌です!!(キッパリ)

でも、安心してください!
このランキングの7位にもあるように、「キャリアアップしたかった」など自分のスキルを上げたい、給与を上げたいなど前向きな理由もあるんです。

私の経験上、転職の取っ掛かりって、ぶっちゃけ「不満」から始まるの!
でも、その不満をず〜っと持っている人は必ず失敗するわ。

その不満を多角的に見て、「じゃあ自分はどうしたいのか!」が明確な人が給与が上がったり、キャリアアップして成功していくパターンね!

だからこそ、一度立ち止まって、なぜ転職をしたいのかを考える必要があるの。

もし、あなたが転職したい!という方はもう一度なぜ転職したいのかを考えてみて!!!

転職理由を整理する3つの質問

それじゃあ、あなたの転職理由を整理する3つの質問をするわよ。
それぞれ、正直に心の中で考えてみてね!

今、この答えが見つからなくてもいいと思う。
ただ、ちゃんと考え抜いて、なぜ転職をしたいのかを自分の中に持つことが大切。
これから、いろんな人に相談したりすると思うけど、人の意見を聞けば聞くほど悩むものよ。
だからこそ、最初に考えを持っておいてね!

今の職場では、その仕事は実現できないですか?

今の職場で、人間関係、環境、給与、勤務地、働く内容の不満がきっとあるはずです。

もう一度、その不満が、今の職場で解決出来ないか?考えてみましょう!
何故か?

それはね、職場を変わることによるリスクって、あなたが今考えている以上にたくさんあるの。
できれば転職せずに実現する方がいいと思うの。

だからこそ、今の職場でその問題が解決出来ないかをもう一度考えてみる必要があると思うわ。

質問1 今の職場では、その仕事は実現できないですか?

今、考えている問題が解決できたら、職場に残りたいですか?

仮に、今の問題を上司に相談をして、同僚に相談して、経営者に相談して解決出来たとする。
その時に、まだ今の職場に残りたいですか?

これは、その時の気持ちになってみないとわからないと思うけど、イメージして考えておく必要があると思うの。

これはね、あなたが転職した後に、後悔しないように考えておく必要があるのよ。
転職者であるのが、転職後に元同僚に会った時に昇進していて、給与が上がって悔しいとか、業績が回復して給与が上がったなどの話を聞くことってあるの。
そんな時にも、「俺はあの時転職してよかった」と胸を張って言えるかは凄く大切なこと。
そこまでしてでもあなたが転職をしたければ、転職を応援するわ!

質問2 今、考えている問題が解決できたら、職場に残りたいですか?

あなたの強みを欲している会社はありますか?

これはね、自分に投げかけると、すごく酷な質問かもしれないけど、現実には目を向けていてほしいの。

あなたの強みをまずは考える必要があると思うけど、その技術やスキルを欲しがっている会社はあると思いますか?
あながた採用担当だった場合、あなたがほしいですか?

GO言語のプログラミングができます!Scalaが出来ます!自然言語処理、AIの技術もってます!という今、最先端の技術をもった人なら正直今は引く手あまたです!
ただ、営業ができます!みたいなざっくりとしたスキルは相手の会社に伝えるのが難しいですよね。
だからこそ、あなたの強みを相手に明確に伝えた時に、「あのひとが欲しい」と思ってもらえるかは大切なの。

きっと、転職をし始めた時にはあまり考えることがないと思うけど、希望の会社に入れなかった時に考えると思うの。
それだったら、転職前に考えておくべきよ。
だって時間が勿体無いし、それで落ちちゃったら、もう一度同じ会社に転職活動をするのは結構難しいからね。

質問3 あなたの強みを欲している会社はありますか?

どうですか?
実際に、この3つの質問を考えてみてください!
それでも、転職をしたいんだ!という方は、ぜひ転職活動をしてください!

悩んでいるのであれば、いくつか方法があります。
それは、転職診断サービスを使ってみることです。

転職診断サービスは、Webでやっていることもありますし、転職エージェントに登録した時に、やってくれることもあります。

転職力診断

この、転職力診断テスト@typeはもちろん、無料です!
しかも、Webで簡単におこなえて、結構詳細なデータが出てきます。

tenshoku-shindan-test

これは、多くの転職者の転職を支援してきたからこそのサービスですよね!

転職エージェントに登録してみる

転職エージェントに登録してみるのも、ひとつの手です!
ただ、ここで注意したいのは、診断してもらうなら「大手サービス」に登録をすることです!

なぜなら、中小の転職エージェントよりも、大規模なデータベースを持っているからです!

最大手なら、やっぱり、リクルートエージェントね!
もし、あなたがどこに登録していいか分からなければ、リクルートエージェントに登録することをおすすめするわ。

複数登録することもいいと思うけど、管理が大変になるだろうから、多くても3つくらいにとどめていたほうが良いと思うわ。

リクルートエージェント

JAC Recruitment

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】


なりけん

さとみさん、ありがとうございます!
実は、僕も恥ずかしながら・・・

さとみん

いいの、いいの。最初はみんなそんなものよ。
それよりもこれからどうするかの方が大切よ。
まずは、今日伝えた3つの質問で、なりけん君の転職理由をちゃんと整理するのよ!